トレジャーリサーチ

トレジャーリサーチにつきまとう詐欺疑惑?その真相は!

「お宝探しの感覚で稼ぐ」
これは「トレジャーリサーチ」というネットビジネスのキャッチフレーズの一部です。目を引くフレーズである一方、「そんなのあるわけない」「詐欺の常套句だ」と思う人もいるかもしれません。

確かに、甘い言葉で客を誘引しようとするのは悪徳商法に使われる手法のひとつです。
ネット上のネットビジネスにおいても、甘い言葉や刺激的な言葉で目を奪おうとするものは少なくありません。ただし、全てが詐欺、悪徳というわけではないのも事実です。ネットユーザーは、たくさんの情報から正しい・正規なものを取捨選択しなければならないという、一種のネットリテラシーを試されている状況にもなっています。

現在ネット上で新たに現れたネットビジネスに「トレジャーリサーチ」があります。これは一体どのようなもので、真っ当なものかどうかをきっちり調査し真相を暴きたいと思います。

同業他社によるネガティブキャンペーンが横行している

まず理解するべきなのは「ネット上のビジネスの殆どに詐欺疑惑がある」ということです。

詳しく説明すると、ネットで行うビジネスはその性質上、販売前に中身を明かせないものがほとんどです。中身を明かしてしまっては誰もお金を払ってくれないからです。それをいいことに、悪質な企業が業者にお金を払い、同業他社の商品のネガティブキャンペーンを行っているケースがとても多いです。つまり、詐欺疑惑というのは沸いてきたものではなく、作られたものの可能性が高いと言うことです。

例を挙げれば情報商材を詐欺だと訴えているサイトを見てみると記事の最後に「この商材なら稼げます!」といった宣伝が入っていませんか?

それがネガティブキャンペーンをしている悪質サイトです。高い人気を集めている情報商材を悪く言う事でアクセスを増やし、自分の商材に誘導しているんです。

そこで販売されている商材は危険な可能性が高いです。稼げる可能性が低いですし、FXやバイナリーオプションの商材だった場合は危険商材の可能性がさらに高くなると言われています。注意しましょう。

そのビジネスが詐欺かどうかを調べるためには、やはり商材そのものを理解するしかありません。

初期費用がかかると詐欺疑惑もかかる

トレジャーリサーチを始めるには入門教材やツールを購入する必要があり、初期費用として2万円(LINE登録した場合は1万円)が必要になります。

大学の参考書などを購入する際にもお金はかかりますが、これが副業の教材になった瞬間、怪しむ人がいるようなのです。

教科書代として2万円ほどかかるのは当然のことだと思っています。大学を経験した方なら教科書代で2~3万円近く支払った覚えもあるのではないでしょうか。

また初期費用がかからない副業=サポートをしてもらえない独学で頑張るしかない副業と言えると思います。
お金を払っていませんから、当然サポートをしてくれるスタッフの人件費も支払っていません。その状態でスムーズの副業を始めるのは非常に難しいと思います。

ですので初期費用がかかることを詐欺だと非難している人は副業をしたことが無い人か、ネガティブキャンペーンをしている悪質サイトの可能性が高いと言えます。

初期費用=詐欺とは言えません。
副業がしっかりと軌道に乗るまでサポートが欲しいのであれば、初期費用を支払い、サポートして貰える副業を選ぶべきだと思います。

詐欺を疑う必要がないトレジャーリサーチのメニュー

トレジャーリサーチでは、1ヶ月以内に成果が上がらなかったときの「返金保証制度」があります。詐欺を行う会社が、果たしてこのような返金保証をする必要があるでしょうか?答えは言わずもがなですよね。

また「最大500万円」という表現に詐欺の匂いを覚える人もいるようです。しかしこれは稼ぎたい目標金額を自分で設定できるというだけの話です。「本業との兼ね合いで時間をこれしか割けない」という人は、1万円や5万円を目標値として始めることができるようになっています。これは公式ページに記載されていることです。がむしゃらに頑張りたい人は500万円を目標にできる、というだけのことです。一部だけを抜き出して難癖を言うのは、ただただケチをつけているだけに過ぎません。

以上の理由から、トレジャーリサーチは安心して取り組めるビジネスと言えるのではないでしょうか。返金保証を看板に出しているのですから、あまり不安がらず参加してみてほしいと思います。