詐欺

マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)は窓口の多さ、料金体系の明確さから詐欺の可能性は薄い?

「ネットビジネスは詐欺である」と思い込んでいる人が、実は一定数存在しています。まだ法律が整備されていなかった時期に悪徳企業がこの界隈を荒らした影響が、未だに残っています。

現在では法の整備、そしてユーザーの目が肥えたこともあり、詐欺ビジネスはだいぶ減少しました。しかし、その目をかいくぐってまだ残党がいる可能性も十分あります。

では、マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)はいったいどうなのでしょうか?

マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)は問い合わせ窓口が複数あること、料金体系が明確であることから、悪徳ビジネスである可能性は薄いと考えます。それが全てではないですが、契約時や毎日の仕事にあたってとても重要な情報であり、判断材料には十分になり得ると思います。

「ネットビジネス=詐欺」はライバル企業が作り出した幻影の可能性がある?

どうしてマネーズライクの教科書(MRサーチシステム)が詐欺だという声がネット上に存在するのでしょうか?

これは、実はマネーズライクの教科書(MRサーチシステム)だけに留まらず、ほぼ全部のネットビジネスに対して向けられているものです。では誰がそういう視点を向けるかというと、もちろん一般の方もそういう見方をする人が多少いるのですが、実は同業者がそういった記事をわざわざ作成し、ライバルになる企業の評価を落とそうとしていることがあります。

純粋にあるネットビジネスに興味をもって検索した人が、その検索結果ページに「実は詐欺である」という見出しの記事がいくつか並んでいたら、その真偽はともかくビックリしますよね。それが狙いです。

また最近目につくのは「××は詐欺だ!私がオススメするのは○○、こちらなら安心」といった具合に別ビジネスに誘導する記事も増えています。それらしい説明を並べて、こっちの水が甘いとうたえば、そのまま誘われる人もいるかもしれません。

その先にあるものが詐欺とは断定しませんが、どのようなものかはきっちりと見極めをすることが求められます。易々と巧みな弁舌に乗らないように注意しましょう。