マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)

マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)の口コミや噂を調査!

マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)を始める人は、知人から口コミで知った人、ネットでたまたま見つけた人のどちらかだと思います。

知人からの口コミの場合はその内容や評判はだいたい把握していると思いますが、ネットで見つけた人はあまり詳しく内容を知らない人もいるのではないでしょうか?

特にネットから得られる情報は、真偽不明であったり、いろんな尾ひれがついたものが多かったりします。間違った情報に踊らされないためにも、正しい情報源から話を正確につかめるようにしましょう。

マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)に関する、ネット上にあふれる噂や評判、口コミなどがどれだけ正しいのかを調査してみます。

匿名サービスには嘘やデマの情報が多くなる傾向

「ネットの情報は嘘やデマ、でたらめが多い」という話を聞いたことはないでしょうか?取り上げられているテーマによってその割合は異なりますが、ある程度そういった危険な情報が混ざっていることは事実としてあります。

なぜそのような状況がはびこっているかというと、ネットは匿名で情報を発信できるメディアだからです。有名人や芸能人などでない限り、SNSやブログを本名でやっている人は日本ではごくわずかです。そういう状況だからこそ、恣意的な情報を流し、ある種のイメージをもたせることは容易なことなのです。

ではマネーズライクの口コミを見てみます。検索してざっくりと見たところ、否定的な口コミやそういうブログなどが多い印象を受けました。それらの記事はいったい嘘やデマといった類のものなのでしょうか?

「10分で稼げるわけない」という口コミが本当なのか、デマなのか

具体的にマネーズライクを批評した口コミを見ると、「1日10分じゃ稼げない」といった論調のものが目立ちます。

確かに1日10分で稼げるのであれば苦労はほぼありません。「楽して稼ぎたい!」と考えている人には、とても魅力的に見える言葉だと思います。

しかしその口コミでは「このことを実際に検証した」わけではありません。「1日10分言われた通りにやってみた、でも稼げなかった」ということであれば納得できるかもしれませんが、「どうせダメだろう」という前提がそこにはあるように思います。

以前、いわゆる「情報商材」と呼ばれる、簡単に稼いだりステータスを上げたりするための情報を売る商売が話題となりました(今もありますが)。それらに目立ったのが、「短時間で多額の収入をゲットできる」というものでした。ただ結果として、ほとんどの商材が実現不可能な内容を売りつけていたに過ぎません。

もしかしたらそういったものに、マネーズライクが重なって見えているのかもしれません。では実際のところその「どうせダメ」という推測が正しいのか、それともしっかり働けば成果が得られるものなのか、もっと掘り下げる必要がありそうです。

口コミの内容が本当のものという認識を疑う必要がある

実際の体験談として口コミを探すのはとても有力なのですが、現時点では体験談を記したマネーズライクの口コミはありません。いくつかそれらが見つかれば一気にその中身を知れるチャンスだったのですが、ないものを探しても仕方ありません。

どうしてそのようなものがないのかと考えてみましたが、他の人が仰っていた「ネット初心者のビジネスなのだから参加者にそういう記録を残しておく風習がない」という意見には腑が落ちました。みんながみんなSNSやブログをやっている、というのが当然というわけではないということです。

ネットには感想が当たり前のように落ちている世の中ですが、それらが当然ではないこと、そしてその内容が本当のものという認識を当然と思わないこと、を私自身も思い知っています。

実際の仕事内容について核心をついた口コミが見つからない以上、ある程度情報が出揃ってくるのを待つか、ある程度のリスクを承知の上でマネーズライクをやってみるかといった状況は避けられません。とはいえ、リスクは意外と少ないのではないか?と思える情報もあります。それについて引き続き書いていきたいと思います。